変化する毛髪

食生活見直しによる新陳代謝改善

思春期から成人期の毛髪の特徴としては毛髪が太くなり毛髪の成長期が長くなってくるのが特徴です。そして成人期の毛髪の特徴は成長期が5〜6年と長いのです。しかし、熟年期に入ると、毛髪を生み出す毛胞がわずかに減少していきます。それはつまり、髪の毛の本数が減ってしまうということです。そして紫外線や乾燥、頭皮や髪の毛にに悪影響を与えるシャンプー剤や白髪染め、そしてヘアケア剤の使いすぎなどで、髪の毛も細くなりやすくなてしまいます。おまけに新陳代謝も悪くなってしまいますので髪の毛が伸びるスピードも遅くなります。新陳代謝が悪くなると頭皮も乾燥しやすく健康な髪の毛も生えて来づらくなってしまうのです。健康な髪の毛が生えないと言う事は白髪になってしまったり、さらに薄毛や抜け毛を悪化させてしまう要因にもなってしまいます。

この事から普段の食生活をみなおしたり、新陳代謝が良くなるように運動をしたり、悪影響を与えないシャンプーや白髪染め、ヘアケア剤を使用することが重要になってきます。またストレスをため込む事も良くないですので、ストレスはどこかで発散させてくださいね。そして白髪によい食材としては黒ゴマが効果的とも言われていますので、白髪に良い食材、イコール頭皮に良い食材という事になりますので積極的に摂取をしたいものです。

(C) 2011 使って納得 イマージュのルプルプ