アイフルのおまとめローンが審査に関する情報は?

おまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用するとバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

参考→アイフルおまとめローン審査は?評判口コミ【流れや時間は?】

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることでおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。